予防接種・健康診断

言葉を話せない動物にとって、定期的に予防接種や健康診断を行うことはとても重要です。
 防げる病気は防いであげて、ワンちゃんネコちゃんを守りましょう。

ワンちゃんの予防

clinic3-1clinic2-3

 


狂犬病予防接種

日本では法律で生後91日齢以上の犬は狂犬病予防注射が義務付けられており、年に一回の接種が義務付けられています。那珂川町にお住いの方だけでなく、福岡市、春日市、大野城市の方でも接種可能です。

混合ワクチン

ジステンバー、パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎、パラインフルエンザ、コロナウイルス感染症、アデノウイルス感染症、レプトスピラ感染症(8種のみ)を予防するワクチンです。
年に一回の接種をお勧めします(子犬の初年度は複数回必要です)当院では6種と8種を扱っております。

フィラリア予防 ※ワンちゃん&ネコちゃん共通

フィラリア症は蚊を媒介して感染します。
最悪の場合、感染すると死に至る恐ろしい病気です。
室内犬でも、蚊に刺される機会が少しでもある限りは感染リスクがあります。
ただし、フィラリアはきちんと予防薬を投与すれば確実に防げる病気です。

5月から12月まで毎月1回、予防することを推奨しております。
また、ワンちゃんだけでなく、ネコちゃんにもフィラリア症が発見されております。ネコちゃんもしっかりと予防をお勧めします。

ノミ・マダニ予防 ※ワンちゃん&ネコちゃん共通

ノミやマダニが寄生すると、かゆみや貧血などの症状を引き起こします。
また、寄生虫や感染症の病原体を運ぶこともあり、これらの病気には人に感染するものもあるので注意が必要です。
月一回の通年の予防を推奨しております。

ネコちゃんの予防

clinic3-3 clinic3-2


混合ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウィルス感染症(6種のみ)を予防するワクチンです。
年に一回の接種をお勧めします(子猫の初年度は複数回必要です)
当院では3種と6種を扱っております。

健康診断

わんちゃん、ねこちゃんは1年に4〜6年歳をとると言われております。
当院では6歳以上の子は年に2回の健康診断をお勧めしております。
血液検査の基準になる値はその子その子で違う場合があります。
健康診断には、病気の早期発見目的以外にも、その子の元気な時の基準値を把握しておくという目的もあります。それにより、今後体調が悪くなった時に、比較可能になります。

健康診断料金表

健康診断金額表