フィラリア予防

フィラリア(犬糸状虫)とは、
蚊によって媒介(うつる)される寄生虫で、
心臓に住み着いて様々な障害をおこす細長い虫で寿命はだいたい5~6年と言われています。

ワンちゃんの場合、
この寄生虫が、心臓に寄生すると血液の循環が悪くなって肝臓、腎臓、肺など多くの臓器に異常をきたします。

感染していても、初期の場合、症状がない場合もあります。

病態が進行すると、

咳が出たり、お腹に水が溜まり膨らんできたり、血尿が出たりと様々な症状が出てきます。

また、やっかいなのは、一度寄生してしまうと安全に駆除することが難しい点にあります。

当院でも去年、感染している子が数頭おりました。

ちょこっと採血をして、下の写真のような検査キットを使います。

フィラリア

 

 

 

 

陽性と万が一出てしまった場合などは、エコーでフィラリア虫体を確認します。

フィラリア
*心臓の超音波*

 

(写真が分かりにくいですが、

ピンクの近くにある横ラインが心臓の中にいるフィラリア虫体)

 

 

 

感染してしまうと、大変です。

5〜12月までの感染予防が何よりも大切になります。

一回の採血で、健康診断も一緒にできますので、この機会に合わせてご検討してあげてください。

4月中には遅くても検査をしましょう。

 

また、フィラリア症はワンちゃんだけでなく、ネコちゃんにも感染します。

室内飼いの子でも感染する可能性は十分にあります。

10匹に1頭の猫がフィラリア幼虫に感染していたという報告もあります。

ネコちゃんにもお薬がありますので、しっかりと予防してあげてくださいね。

 

話は変わりますが、今朝、病院隣にあります岩戸公園へ行くと、桜が満開でした。

桜は綺麗ですね。

病院に来られた際にはぜひ寄ってみてくださいね。

フィラリア

フィラリア