ネコちゃん、ワンちゃんの糖尿病

ワンちゃん、ネコちゃんにも糖尿病があるのはご存知でしょうか。

糖尿病は文字の通り、尿に糖が混じる病気です。

そもそもどんな病気かというと・・・

人の糖尿病初期症状は、

・異常なノドの渇きと排尿(多尿、頻尿)

・食事をとったのに、空腹感を感じる

・食後数時間後に眠気やだるさを感じる

などがあるようですね。

動物も同じような症状が出ますが、上記症状を見てみてどう思われますか・・・。

「うちの子異常だ、初期症状が出ている!」ということの方が難しくないでしょうか。

 

糖尿病は何が怖いのかというと、

時間経過とともに合併症が出始めることです。

神経症状や腎臓病、目の病気による失明など。

発見が遅れ、糖尿病治療を開始しても、後遺症が残ることもあります。

また、糖尿病が進行すると死に至る場合もあります。

ワンちゃん、猫ちゃんの場合は、初期の糖尿病を発見するためには、

定期的な健康診断が何よりも重要になります。

また、

・食欲は旺盛なのに、体重がやせてきている

・お水を入れた器がすぐに空になる

・おしっこの回数が多い

・急に目が白くなった

などの症状が思い当たる場合は一度ご相談ください。

 

猫 糖尿病

 

元気食欲が昨日からなく、ふらついていると来院された、はるくん。

当時は、糖尿病性ケトアシドーシスという、

糖尿病でもさらに危険な状況でした。

現在は食欲元気もありながら、定期的な検診を病院で受けてくれています。

ちょっと写真のピントがずれていますが、お利口さんで可愛いネコさんです。