白内障と緑内障

昨日から、急に涙がよく出て、眼を触ろうとすると痛がる。

食欲もないとご来院されました。もともと白内障の点眼はしているとのことです。

 

 

 

 

 

 

眼を診てみると、少々眼が腫れており、充血がひどい状態でした。

眼の一番表層にある角膜も白っぽくなっており、

眼の中に光をあて見てみると、目の中の透明な場所が白く濁っています。

これは眼の中に炎症があるというサインで、ぶどう膜炎という眼の病気です。

通常の結膜炎では出る症状ではなく、目の中に強い炎症があるときに出る怖い状態です。

 

白内障がある子で注意しなければならないのは、水晶体起因性ぶどう膜炎です。

白内障は、水晶体というレンズが白く濁り、進行すると視覚障害に陥る病気です。

これが進行すると、白くなっている水晶体の中身が目の中に漏れ出し、

目の中で強い炎症を起こすことがあります。

また、さらに強い炎症から、続発性緑内障を引きおこします。

 

下の写真は、眼の圧力(眼圧)を測定しているところです。

測定は麻酔もいらず、すぐに終わります。

犬 緑内障 眼圧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

測定してみると、右目の眼圧が上昇していました。

すぐに眼圧を下げてあげる目薬や炎症を抑える注射など、

治療開始してあげて、その後目の痛みは取れました。

 

目が赤い、白内障がある、目をシバシバさせているなどがある場合は、

早めの受診、そして定期的なチェックをしてあげることが良いです。