マスクのヒモを誤飲

ワンちゃん、ネコちゃんの誤飲。

若いうちは色々なものに好奇心が旺盛で、つい噛み噛みしていると飲んでしまうことがあります。

ティッシュやキーホルダー、ホッカイロ、ペットシーツ、紙を丸めたものなどなど病院を開院してから

たくさん見てきております。

何か飲んでしまった可能性がある場合はできる限り早くご連絡をいただいた方が良いです。

経過を見て良いのか、吐かせた方が良いのか、内視鏡でとった方が良いのか、状況によって異なります。

 

モナちゃんもマスクのヒモと滑り止めのパッドを飲んでしまってから、具合が悪いとご来院されました。

ヒモは誤飲の中でも、大変危険な1つです。

飲み込んでしまうと、最悪、腸の中で引っかかり、腸閉塞をおこします。

モナちゃんもお腹の触診をすると、通常では触れない太い腸が部分的に触れたことから、腸閉塞を疑い検査をしたところ、

やはりそうでした。

手術をすると、

胃から十二指腸にかけてヒモが引っかかっており、腸の血流が悪くなりとても悪い状況になっていました。

手術を無事に乗り越え、先日元気よく、抜糸に来てくれたモナちゃん。

手術後は予断を許さない状況でしたが、本当によかったです。

他にたくさんのワンちゃんがお家にいるそうなので、またみんなで楽しく生活してね〜!誤飲