トイプードルさんの骨折

先日、わんちゃんを抱っこしていたら、
落としてしまったと1歳のトイプードルさんが来院されました。

トイプードル骨折
右橈尺骨斜骨折

完全に足をつけなくなっており、前足が折れてしまっています。

小型犬さんは骨がとても折れやすいので注意が必要です。

骨折というと、ギプスというイメージがありますよね。

動物の場合も、外固定と言って、ギプス固定や副木固定(板みたいなのを当てて固定)もありますし、その方法で治してあげることもあります。

しかしながら、多くの場合、治療として内固定(チタンやステンレスのプレートとスクリューを入れ固定)を取ることが多いです。

骨折治療で大事なことは、可能な限り、健康な運動機能(ちゃんとした骨の形、痛みがなくしっかり走れるようにしてあげるなど)、折れる前の状態に戻してあげることにあります。

レントゲン写真にて、骨折の重症度、どの足か、その子の性格・体重はどうか、年齢、犬種など様々な部分を全体的に考えて、一番良い治療を考えます。

とっても普段活発に動く子だそうで、年齢もまだ若いため、今後の生活のためにも、しっかりと元の骨の状態に戻してあげる必要がありました。

手術にて、チタンプレートにて内固定整復をしてあげ、手術後からすでにとても元気一杯。もうちょっとしずかに!!と言いたくなりましたが、よく頑張ったね〜!

今後経過見ながら、特に問題がなければ、プレートなどは再度取らなくても大丈夫です。

トイプードル骨折
チタンプレート固定

骨折はならないことが一番です。

足が痛そう、足を上げている、スキップしているなどありましたら、早めにご相談くださいね。